- あったら幸せになる「医・衣・食・住」を届けるメディア -

アプリユーザーのみならず医療者にもメリット。「メタボウォッチ」

アプリユーザーのみならず医療者にもメリット。「メタボウォッチ」

日本人がなりやすいというメタボリックシンドローム。放置すると動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞など、重篤な疾患につながるなど、人生の明暗を分ける事態となります。食生活の見直しや運動など、推奨される予防方法はあるものの、自分がメタボかどうか、自覚のないまま改善の機会を逃している場合も多いのではないでしょうか。

そんな中、「メタボウォッチ」というアプリを使った大規模な研究調査が、2016年7月に早稲田大学の研究グループによって開始されました。

このiPhoneアプリを使い、ユーザーは自分がメタボなのかを知ることができます。さらに研究者はアプリに送信されたデータから、どのような生活習慣がメタボの要因となるのか、詳細な分析を行うことができるというもの。一体どんなアプリなのでしょうか?

調査に参加すると、メタボ判定とアドバイスをもらえる

l_os_metabowatch-01

Via: メタボウォッチ  

メタボウォッチは、Apple Storeから誰でもダウンロードできる無料のアプリです。ユーザーが、自分の二の腕や胴囲をメジャーで計測し、アプリの質問に答えてデータを送信。

l_os_metabowatch-05

Via: メタボウォッチ 

すると、メタボかどうかの判定が表示され、生活習慣についてのアドバイスがもらえます。個人情報は特定できない状態でデータを保存するので、安心して使うことができるんだそう。

l_os_metabowatch-06

Via: メタボウォッチ  

すでに公開から約1か月で1.5万人がダウンロード。もちろんすべての人がデータを送信するわけではないとしても、個人の生活データが短期間で大量に集まったことは想像に難くありません。紙面での調査を行ったとしたら、莫大な時間と労力がかかるデータ量を、一気に集めたことになります。

ビッグデータの活用がもたらすもの

Smiling general practitioner with smartphone in his hand looking at camera

メタボウォッチは、大量のデータを解析することで、個人ひとりひとりに合った健康な生活プランを提案することを目的としています。
食生活や運動量のみならず、加齢とともに起こるサルコペニア(加齢性筋肉減弱現象)、睡眠をはじめとする概日リズムなど、さまざまな要素とメタボリックシンドロームの関連がわかれば、一般化された予防法以上に有効な、個別の健康プログラムを作成できるようになるのです。

このビッグデータを利用した研究を可能にしたのは、Apple社のオープンソース「ResearchKit」。さまざまな計測項目が標準化されており、研究のためのアプリが短期間で作成できます。たくさんの質問項目があるメタボウォッチも、開発期間はたった1ヵ月だったそう。

アプリで健康意識を高めながら、医療の未来をつくる

Woman looking at the smartphone to relax on the couch

アプリを用いた研究はすでに、他の大学でも進められています。昨年11月には、慶應義塾大学医学部とドコモは共同で国内初のiPhoneアプリを使った「不整脈・脳梗塞の早期発見プロジェクト」の臨床研究をスタート。また、東大とドコモが共同で開発した「GlucoNote」は、糖尿病患者が家庭で測定したデータを継続的に取得し、研究に役立てるというものです。

手軽に使えるアプリで一般の人々に予防喚起をうながし、一方では研究者に有益な臨床データを提供する。
スマホアプリの活用が医療にもたらす可能性の大きさを感じます。医療者にとっても注視すべき兆候なのではないでしょうか。

Via: メタボウォッチ  

Medicatessen ライター

mochida

セレモニースタッフ兼ライター。休日は湾岸エリアでジョギング

このライターの記事一覧