- あったら幸せになる「医・衣・食・住」を届けるメディア -

地域のウェルネスセンターとして機能、ヘンリー・フォード病院

地域のウェルネスセンターとして機能、ヘンリー・フォード病院

まるで洗練されたリゾート施設のよう。これが総合病院だなんて!

世界の美しい病院を紹介するシリーズ、今回は
「The 25 Most Beautiful Hospitals in the World(世界25の最も美しい病院)」で2位に選ばれた、アメリカ・ミシガン州にあるヘンリー・フォードウェストブルームフィールド病院をフューチャーしてみました。

病院の概念が変わる、緑あふれる空間

2009年の大改築を経て、外観や内装、そしてサービス内容までをもガラリと趣を変え、たちまちそれらすべてが話題となった、ヘンリー・フォード病院。まずは院内をチェックしてみましょう。

HenryFordWB579_640

病院内とは思えない、まるで公園のような緑あふれる空間。

7226241838_4e0741e816_z

グリーンの合間には休憩スペースも。そしてショッピングアーケードのように買い物ができる店舗も配置されています。

983a8e2d1090edc1f3d51972aa3ef0ae

敷地内のグリーンハウスでは、水栽培による新鮮で安全な野菜を栽培。

Farmers-Market-680x1024

栽培された作物は患者さんの食事に利用されるだけではなく、採れたて野菜として販売も。マルシェのような活気にあふれています!

患者やその家族だけでなく、地域住民が集まる医療施設

注目すべきはヘンリーフォード病院の経営戦略。
経営者は、病院という枠を超え、地域の「ウェルネスセンター」として機能する施設を目指しました。

たとえば、患者だけでなく地域住民に向けて次のような活動を行っています。
健康志向の高い人に向けた、ヘルシーなランチを提供するカフェテリア
また、ヨガやヘルシー料理の教室なども定期的に行い、大変盛況だそう。

dk-Class

料理教室のために、テレビの料理番組のような洗練されたオープンキッチンも供えられており、オーガニック食材を使ったものやグルテンフリーのレシピなどをシェフが披露。


患者ではなくても、アレルギー体質の子供をもつ母親や、血圧やコレステロール管理をしている人々とその家族にとって、こういったサービスが好評を呼び、常に人で賑わう施設となっているようです。

image1

ロビーでは常にピアノの生演奏も。
患者だけでなく、地域住民もくつろぎのひとときを求め、集まってきます。

今後の医療施設の在り方のヒントに

充実した美しい施設はもちろんですが、ヘンリー・フォード病院は医療施設の方向性についても大きなインスピレーションを与えてくれます。


治療や予防診療を超え、地域住民の健康なライフスタイルを支援するための、さまざまなアイデア。それを親しみのもてる方法で提供することにより、地域のヘルスケア・プラットフォームとして愛されている姿こそ、地域医療の重要性が叫ばれている日本でも、大いに参考になる形といえるのではないでしょうか。

Medicatessen 編集ディレクター / ライター

Sanae

食べ歩きとアウトドアを愛する編集者。

このライターの記事一覧