- あったら幸せになる「医・衣・食・住」を届けるメディア -

アナログ表示のスマートウォッチというソリューション

アナログ表示のスマートウォッチというソリューション

みなさんはスマートウォッチ、ご存知ですよね!毎日の歩数や睡眠時間、心拍数などを24時間モニタしてくれる便利なガジェットで、メールや電話の受信もできます。さらにはスタイリッシュなデザインだし、デジタルだから、使いこなすとカッコ良さそう。

image2

でも、でもでも。
時計は本来、「着こなし」を楽しむアクセサリでもあります。パーティのときはブランド物の時計でおしゃれ感を演出したり、アウトドアイベントのときはスポーツウォッチを選ぶなど、生活のバラエティに華を添えてくれるアイテムです。

そういった観点からすると、24時間連続装着していることを、なんとなく強いるスマートウォッチは、ちょっと窮屈な感じもしますね。

image1

また、ディスプレイの消費電力が多いので、毎日の充電が欠かせませんし、節電のためにいつもは暗く消灯していて、「自分のほうに向けた時だけ」+「自分に対してだけ」光る仕様になっていることもしばしば。だから、自分を見てくれる相手からは、いつも黒い画面。

クラシコの白衣を選ぶ感度の高い皆さんには、ちょっと物足りなさを感じるのではないでしょうか。

 

Withingsが叶えてくれる、フレキシブルな生活。

image3

そんな、すきま風の吹くあなたの心に、すっと入ってきそうなのが、「アナログ表示のスマートウォッチ」というソリューションです。名前を”Withings”(ウィズイングス)と言います。

ムーブメントは信頼のスイス製で、デザインはフランスメイドで、なにげにおしゃれ。右下の偏心した位置にある針は素敵なブルーで、歩数を一瞬で把握できます。普通の水銀電池で8ヶ月持つので、毎日充電する煩わしさがありません。

image5

白衣からちらりと覗くアナログ時計は優しい雰囲気で、患者さんにとっても親しみやすいかも。このような時計なら、病院の中で駆けずり回る多忙な日や、ハイキングなどのアウトドアな日から、夜の演奏会やお食事会のようなひとときまで、自分のライフスタイルに合わせた使い分けができそう。

image4

スマートウォッチですから、100%表示にする歩数(右上)は自分で自由に設定できるし、歩数データは自分のスマホにBluetoothで送られます。積算歩数があるレベルになる毎に、「おめでとう」メッセージも来ますよ。

そのほか心拍や睡眠時間を表示したり、振動で目覚めるアラームもついています。また、Withingsは、ほかにもスマホ連動の体重計もあるので、同じアプリで見ることができます。

アナログ表示のスマートウォッチにして、メールや電話から敢えて離れることで、むしろ自由を獲得できます。あなたらしくフレキシビリティを愉しむ生活はいかがですか?

東海大学 工学部医用生体工学科 教授 放射線科専門医

高原 太郎

大学で医系授業をするのが本職ですが、MRI研究をする放射線科医でもあります。磁場強度単位の「テスラ」に惹かれて電気自動車を買いました。ガジェット大好きで、「人に勧めたがり」ちゃんです。
Blog. TARORIN.COM

このライターの記事一覧