- あったら幸せになる「医・衣・食・住」を届けるメディア -

大自然の生演奏でデスクワークの集中力アップ

大自然の生演奏でデスクワークの集中力アップ

デザイン雑貨と音楽が好きなメディカテッセンWebエンジニアの中村です。

僕の仕事はデスクに向かって、頭をつかう作業が大半を占めます。日々Webシステムの開発、管理をしているので、集中力を高めるために作業中の音楽はかかせません

日々、好きな音楽を聴きながら「あーでもない、こーでもない」とパソコンとにらめっこしているのですが、煮詰まってしまうとついつい音楽の方に意識がいって、集中力が途切れてしまうことも・・・

何か作業に最適な音楽環境はつくれないものか?(できればオシャレなもので)。そんな僕のニーズに応えてくれたのが「Forest Notes 森のスピーカー」です。

スピーカーはどこだ?

image03

まず初見、思ったのは「これが本当にスピーカー?」という疑問。肌触りの良い木の質感とミニマルアートのような外観。知らない人が見たら「なんだかわからないオシャレな物体」なのですが、Bluetooth対応&充電式で完全ワイヤレスで使えるというなんとも最新鋭なスペックのスピーカー。よくあるスピーカーの無骨さを一切排除した外観なのでインテリアとも自然にマッチします。

このストイックさがたまらない

image04

Forest Notesのウリはこの製品自体だけではなく、専門のWebサイトから利用できる「森の音声のリアルタイム配信」にあります。(月額課金制)
日本全国各地の森に設置したマイクから音声を拾い、それをリアルタイムに配信するというサービス。

・・・・マニアック!

でもエンジニアという職業柄、こういう細かいところにこだわる姿勢が大好きです!

森の声を聴いてみた

forest-notes-review-05

Webサイトを開き、さくっと会員登録を済ませて配信チャンネルの選択画面へ。北は青森県の白神山地から、南は鹿児島県の屋久島まで選べる模様。

まずは高知県の馬路村のライブ配信を聴いてみることに。

・・・

小さな音量でザーっと聞こえる川の音。左右、遠近、様々な箇所から響く鳥の鳴き声。近くにいるのはウグイスでしょうか。遠くの空を通り過ぎる飛行機の音。そのまま数十分しばらく過ごしていると、やがて雨が降り出し景色が変わる様子も感じとれました。

つづいて岐阜県の飛騨高山へ。

・・・

こちらもどうやら雨模様。川の音は聞こえず、鳥の声は遠く微かに聞こえる程度。ただ先ほどとは異なり、パチパチと草木が雨を弾く音が四方八方から聞こえなんとも心地いい。さすがJVCケンウッド音響システムのノウハウが凝縮されているだけあって、音の奥行きと疲れにくい心地よい音のバランスが丁度良いです。

 

外でデスクワークをしているような開放感

image02

Forest Notesを使いはじめる前は「作業の邪魔にならない音楽環境」程度のものを期待していたのですが、実際に長時間使ってみるとオフィスの中にいるにもかかわらず、「外でデスクワークをしているような開放感」を幾分か味わうことができました。これがリアルタイム配信がもたらす効果と、森の音の再生にこだわったスピーカーの力なのかもしれません。

仕事や勉強の集中力を高めたい方室内でも開放感を味わいたい方には是非おすすめしたい商品です。

Forest Notes 森のスピーカー

Forest Notes

¥324,000(税込)

幅: 310mm × 高: 310mm × 奥: 310mm

Forest Notes mini

61,508(税込)

幅: 136mm × 高: 136mm × 奥: 136mm

購入ページへ

Classico エンジニア

中村

蕎麦と日本酒を愛する1児の父。新しいモノ、珍しいモノが大好きです。

このライターの記事一覧