- あったら幸せになる「医・衣・食・住」を届けるメディア -

これは欲しい!人間工学に基づいて生まれた美しいノートPC用スツール

これは欲しい!人間工学に基づいて生まれた美しいノートPC用スツール

医療現場のIT化が進んだ今、デスクトップPC、モバイル用のノートPCやスマホなど、いわゆる「3台持ち」で端末を駆使している医療者の方も多いことでしょう。

とりわけ診療室やデスク、ミーティングなどどこにでも帯同できる端末として、最も活躍場面の多いノートPC。しかしながら、使用する姿勢がやや前かがみになりがちな面など、長時間の使用については健康や疲労度に関しての課題も多く指摘されています。

また、限られたスペースの中で複数の端末を使用することも増え、作業スペースのやりくりにもストレスがたまるものですよね。そんな医療者の方に向けて、Medicatessenでは素晴らしいPC台、「デスクトップスツール」をご提案したいと思います。

 

目の疲れや肩こりを軽減。コンセプトは「ノートPCにデスクトップのような作業環境を」

“DesktopStool”曲線の美しいフォルムが印象的な「デスクトップスツール」、無駄を極限まで省いた機能美と天然素材の質感に、まずは目を引かれます。
しかしながら、一見、PCを置くだけに見えるシンプルなルックスの良さだけではなく、驚くほどの設計のこだわりが込められているのです。

“DesktopStool”
“DesktopStool”

設計のコンセプトは、ユーザーに同じ姿勢を強要することなく、どんなシチュエーションでも自由に使用できること。フォルムの特徴は、

●ディスプレイを適正な視線の範囲内に広げる高さ
●ディスプレイを見やすい角度に保つ傾斜角度
●PCだけでなく書類なども一緒に置いて視線の移動を減らすことができる前面のリップ(出っ張り)

つまりデスクトップで得られる快適な作業環境を、いつでもどこでもノートPCで実現することができるというわけです。
さらに800gと軽量の本体は、簡単に方向を変えたり、持ち運ぶことが可能。しかも、どのようなポジションで使用してもディスプレイとの最適な距離と目線との位置をキープできるよう、綿密な計算がなされています。

“DesktopStool”

前がかりの姿勢で生まれる肩や首のコリを予防するだけでなく、顔はディスプレイ画面から自然と40~50㎝離され、目の疲れも軽減されます。

 

ユーザーそれぞれの心地よい作業環境を生む

“DesktopStool”動画でご覧いただけるように、デスク上で複数端末を使用するときも、このデスクトップスツールと、キーボードを導入すれば、使い勝手は抜群です。

前面にある2つのリップ(出っ張り部分)にはタブレットやスマホ、書類などを置くことで、目線を一定にしながら複数のディスプレイを確認できたり、作業スペースをコンパクトに保つことができますから、デスクの上もいつもスッキリ感をキープ。ストレスのない作業環境を実現できます。

“DesktopStool”

いかがでしょう? 天然木の温かみとシンプルモダンなフォルムに秘められたのは、ユーザーの自由な使用方法をサポートする、革新的な設計思想。
あなたの作業環境と気持ちの解放感を、大いに向上させてくれそうではありませんか?

デスクトップスツール

ブラウン ウォールナット

¥16,680(税込)

ホワイト ベースウッド

¥12,960(税込)

購入ページへ

デスクトップチェア

ホワイト ベースウッド

¥8,280(税込)

購入ページへ

Medicatessen 編集ディレクター / ライター

Sanae

食べ歩きとアウトドアを愛する編集者。

このライターの記事一覧