- あったら幸せになる「医・衣・食・住」を届けるメディア -

待合室は水族館!アクアリウムセラピーに期待されるもの

待合室は水族館!アクアリウムセラピーに期待されるもの

日本に熱帯魚ブームが訪れたのは、1990年代といわれています。尻尾の模様がきれいなグッピーや容姿端麗が素敵なエンゼルフィッシュ、青と赤のコントラストが印象的なネオンテトラなどは、今も昔も不動の人気ですね。そして、熱帯魚ブームが再燃したのが2000年代。火付け役となったのは、あのアニメ映画の主役となったカクレクマノミ。また、自宅で飼うだけでなく、飲食店やホテルなどでオシャレなインテリアの一部として、アクアリウムが注目されてきました。

では、なぜ人間は水槽の中の魚に夢中になってしまうのでしょう。それには諸説ありますが、見ている人の脳や身体に効果を及ぼすという研究報告もあるそうです。

アクアリウムセラピー効果とは?

待合室を水族館に!アクアリウムセラピーに期待されるもの

水槽で優雅に泳ぐ熱帯魚を見て、心が癒されたり、溜まっていたストレスを忘れた経験があるのでは?これがアクアリウムセラピー効果と呼ばれ、二つのメリットが語られています。

アニマルセラピー効果
生き物(熱帯魚)の泳ぐ姿を眺めることで得られる人間の健康の質を向上させる効果
アクアセラピー効果
水の揺らぎや水草などによる大自然のようなレイアウトから得られる心身が癒される効果また、欧米諸国および日本の大学と企業との共同研究などでは、綺麗な水槽の前にいるだけで、脳波にα(アルファ)波【周波数:8~13Hz】が検出されたとのこと。α波は閉眼して安静にしているとき、また集中力が高い状態のときに見られます。

医療現場におけるアクアリウム利用例

待合室を水族館に!アクアリウムセラピーに期待されるもの

まず、アニマルセラピー効果を利用して、生き物の命の尊さを感じること、そしてアクアリウムを一緒に眺めることにより、自然と他人と打ち解けることができるようになるため、学校幼稚園などで取り入れられました。

そして、最近ではクリニックで導入するケースも増えてきています。

小児科
待ち時間の軽減に役立ち、病院嫌いから「魚に会える楽しみ」に変わるそう。
歯科
治療前にアクアリウムを見ることで緊張がほぐれ、痛みの軽減にもつながるといわれています。
福祉施設
表情が明るくなった、食欲が出てきたなど、プラスの効果に働くとのこと。

また、思わぬ副産物として、スタッフ間のコミュニケーションの向上があるという報告も。一緒に生き物を育てることで、連帯感がより強くなるという側面もあるのでしょう。

 

院内インテリアとしての可能性

待合室を水族館に!アクアリウムセラピーに期待されるもの

熱帯魚の飼育にあたり、メンテナンスには自身ではかなりの費用と労力、知識が必要となります。

しかしながら、今は専門の施工業者があり、各業者が独自の視点によるクオリティやデザイン性も兼ね備えたトータルインテリアを提案してくれますので、導入しやすくなりました。多くの業者が、水槽レンタル、水草のレイアウトや水質管理などのメンテナンスすべてを請け負っています。

また、月によって魚の種類を変えることもできる業者もありますので、いつも新鮮な「変化するインテリア」を演出することも可能。アクアリウムに合わせてインテリア雑貨なども海のイメージで統一するなど、遊び心のある空間にすることもできます。

いかがでしょう?アクアリウムのある待合室、ちょっと素敵じゃないですか?

Medicatessen ライター

侑紀(ゆうき)

酉年生まれで、鶏の唐揚げをこよなく愛する薬剤師&ライター

このライターの記事一覧