- あったら幸せになる「医・衣・食・住」を届けるメディア -

実はドクターの仕事着に相性がいい?アウトドアブランドの高機能ウェア

実はドクターの仕事着に相性がいい?アウトドアブランドの高機能ウェア

白衣の下やフットウェア、日ごろ仕事着として、どんなファッションを選択されていますか?

内勤がメインとはいえ、立ったり座ったり移動したりと、運動量が多いのが医療者の業務形態。患者さんに対してはある程度きちんとした服装が必要ですし、かといって動きづらいウェアだと、業務効率にもかかわります。
そんな悩ましいファッション・アイテム選び、実は機能性に優れたアウトドアブランドに、ドクターの仕事と相性がいいものがいろいろ見つかりました。

着やすく動きやすく、業務用としてのルックス的にも「いい感じ」。そんなウェアたちをご紹介します。

高機能ながら肌触りも抜群、ノースフェイスの「WARM」

白衣の下のトップス選び、それは勤務形態や専門科によって、また、医療機関ごとのルールによってかなり違いが見られます。
シャツにネクタイなどの「きちんと感」が求められるケースもありますし、比較的自由にウェアを選べる医療施設や勤務形態もあったりと、条件は人それぞれ。
それでも、厚着を重ねにくい白衣ファション、とりわけ寒さが厳しい季節になると、コーディネイトにちょっと悩む方も多いのでは。

そこでこの時期おすすめなのが、アウトドアブランドのカットソータイプのアンダーウェアです。
保温性、伸縮性に優れたアウトドア用のTシャツは、温かさと動きやすさを両立した良品の宝庫です。

NU65135

こちらはノースフェイスのTEKUNDER(テックアンダー)のロングスリーブTシャツ。季節や着用環境によって4種から選べるアンダーウェアのシリーズです。
その中でも、秋冬用のタイプ、「WARM」はほどよい保温性で室内業務用にもおすすめ。
着る人の体温を輻射することでソフトな温かさをもたらす光電子を素材に採用。
吸汗性・速乾性にも優れているので、肌が冷えることなく、しかも消臭性能も期待できます。

また、なんといっても化繊なのに天然素材のように快適な肌触りは、「これを着るとほかのTシャツが着られなくなる」というファンも多い気持ちよさ。アンダーウェアとはいえ、トップスとして着用しても違和感のない素材感も魅力のひとつで、これ1枚で上に白衣を羽織れば、室内では十分な温かさが得られます。
一日中着続けていても肌の一部のように軽く、どんな作業をしていてもスムーズにフィットする伸縮性。仕事着としてチョイスするには最適な1枚です。当直用のウェアとして使用しても快適な夜が過ごせそうですね。

履きやすいシルエットと便利なポケット、モンベルのストレッチカーゴパンツ

外来で座ったり、作業で立ったり移動したりと、屋内での業務とはいえあわただしいのがドクターの仕事。
そこで気になるのが、パンツ選びです。
コットンやウールのものはシワになりやすいものも多く伸縮性も物足りなかったりしますよね。
そんなパンツ選び。実はアウトドアブランドのものでもタウンユースや仕事着として使えそうなものが見つかります。

k_1105371_ltn

k_1105371_dknv

こちらはモンベルのストレッチカーゴパンツ
カーゴ型の象徴であるマチ付きポケットのほか、腰と尻ポケットも各2つずつついていて、収納力は抜群。何かと帯同するグッズが多いドクターにはピッタリのデザインです。
カジュアルなイメージのあるカーゴ型とはいえ、素材感とほどよいゆったり感のシルエットの効果から、あまりラフすぎないルックスなのもポイントです。
それでいて、超耐久撥水加工が施されており、ちょっとした液体汚れなどもサッとひと拭きすれば取り除ける上に、シミにもなりにくいのが便利。

トレッキングにも適しているだけあり、適度な伸縮性で足上げもスムーズ。どんな作業や姿勢でもシワになりにくく、快適に過ごせます。

さらに、「スマートフィットシステム」の機能で左右3センチずつウェスト回りを調整することが可能。ちょっと痩せたり太ったりしても、快適なフィット感を得られます。

脱ぎ履きしやすいスリッポン、メレルのジャングルモック

スポーツ&アウトドア用のフットウェアを中心に洋服なども展開しているブランド、メレル
とりわけスリッポンタイプのジャングルモックは世界中に愛用者が多いベストセラー・シリーズです。

567113_s

567117_s

ジャングルモックといえばスエード素材がスタンダードですが、フルグレインレザーのものが登場しました。
ドクターには履きやすく脱ぎやすいスリッポンタイプの愛用者が多いかと思いますが、革靴の「きちんと感」を取り入れたこちらのタイプであれば、外来などにも適した上、スニーカーとしての履きやすさも兼ね備えていて、終日使いに最適です。

もともとアフタースポーツ用のシューズとして誕生したジャングルモック。伸縮性のある切れ込みにより脱ぎ履きがしやすいのはもちろん、足にストレスを感じさせない履き心地がリピーターの多い最大の理由です。
しっかりとしたつくりに見えて、リンゴ1個(=350g)といわれる軽さも驚き。
さらに衝撃吸収性に優れている上、常に心地よいドライ感のある素材を採用したフッドベッド(中敷き)も評価が高いポイント。履き続けていても疲れにくく、ムレも感じにくいという特性があります。

アンテナの敏感なビジネスマンが仕事着に取り入れている、アウトドアブランド。医療者のみなさんも、ちょっとチェックしてみる余地、ありそうですね。

Medicatessen 編集ディレクター / ライター

Sanae

食べ歩きとアウトドアを愛する編集者。

このライターの記事一覧