- あったら幸せになる「医・衣・食・住」を届けるメディア -

医療者のシューズ、何を選ぶ?たとえばハイグレード・スニーカー

医療者のシューズ、何を選ぶ?たとえばハイグレード・スニーカー

医療者の方にとっての業務用ウェアで白衣につぐ関心アイテムはシューズ。
メディカル用として売られているシューズではなく「ちょっと人と違うものを履きたい」「でも、動きやすさは大切」という観点で、各ブランドのスニーカーなどをチェックしている方も多いのでは。

そうはいいつつ、あまりカジュアルすぎるものは医療者の品位にかかわりますよね。
そこで注目したいのが、スポーツブランドではなくファッションブランドが発表している、ハイセンスなスニーカー
そう、昨年から続くスニーカーブームの中、スポーツブランド以外でも注目したいアイテムが続々登場しているのです。

今回はそんな中から、機能もスタイルも両立した、「革靴に負けない」グレードのスニーカーをピックアップしてみました。

コールハーンのハイブリッド・スニーカー、ゼログランドシリーズ

C21568_E_th

こちらは、コールハーンが発表しているゼログランド パーフォレーション スニーカー
アッパー、アウトソールのなめらかな牛革素材にラバーのソールが組み合わされたハイブリッドタイプです。

無重力の意味を持つ「ゼログランド」の名称のとおり、最大の特徴は「軽さ」。
モデルにもよりますが、重量300g以下のタイプも実現されており、このブランド史上、最高の軽さを誇ります。
さらに「シームレス」「柔軟性」という特性も、長時間履く業務用としてはピッタリ。

そもそも、1988年から2013年までナイキの傘下に入っていたコールハーン。その時期にナイキのエア技術を高級靴に取り入れたプロダクトを開発していることから、他の高級靴ブランドにはない機能性のノウハウを持っていることで高付加価値のプロダクトが実現しているというわけ。

C21568_D_th

アッパーの穴飾りや、独特の切れ込みの入ったソール。ディティールが個性的。中敷きの鮮やかなカラーも、「隠れおしゃれ」みたいで粋ですよね。

個性的な厚底ソール、アレキサンダー マックイーン

44931852AS_15_g_f

イギリスを代表するラグジュアリー・ブランド、アレキサンダー マックイーン。前衛的なデザインで知られ、レディー・ガガなど著名アーティストにも愛されたブランドとして有名ですが、スニーカーなどは普段使いにもフィットする、機能的なモデルが充実しています。

写真のオーバーサイズ スニーカーは、柔らかなカーフスキンレザーのアッパーに、名前の由来であるオーバーサイズの厚底ラバーソールが特徴。
側面にはパーフォレーション状のエアホールも施され、通気性の良さも魅力。

厚底ソールのデザインは女性向きと思われる方も多いですが、足長効果だけではなく、履いてみるとクッション性が高く快適な履き心地で、男性愛用者も多いのです。

44931852AS_15_g_e

上から見るとトゥの部分に白のラバーがラウンド上に見え、スタイリッシュな印象です。

履きやすいスリッポン・タイプ。トッズの新作スニーカー

012280340509_02_02_880Wx880H

Via:TOD'S

トッズといえば、ドライビングシューズ」という印象が強いブランドですが、スニーカーもファンが多いアイテムのひとつ。写真のスキューバ用の生地と滑らかなレザーのコンビネーションが印象的なスニーカーは、2016年のコレクションで発表された新作です。
どちらかというとトラディショナルなデザインのイメージがあったトッズとしては冒険的なプロダクトという印象ですよね。

業務用には紐付きより脱ぎ着がしやすいスリッポン派、そういう医療者の方にピッタリなデザインです。

012280340509_04_04_880Wx880H

Via:TOD'S

甲の部分がスキューバ用生地のため、伸縮性に優れて履きやすく、汚れも落としやすいので、仕事用シューズとしても快適さを発揮してくれます。
ラバー部分の白いラインも、横から見るとシャープな存在感があり、デザインのポイントになっています。白い白衣との相性もいい感じ。

ファッションブランドのスニーカーは、一般的なスポーツブランドのものよりもちょっと高めではありますが、スポーティでありながらも革靴に負けない品性や高級感が魅力。医療者の業務用シューズとして、ますます注目したいジャンルと言えそうです。

Medicatessen 編集ディレクター / ライター

Sanae

食べ歩きとアウトドアを愛する編集者。

このライターの記事一覧